食コラム
食コラム

不老長寿の果物、旬のいちじく(無花果)

「いちじく」は、名前から推測すると花が咲かないように思われますが実は「いちじく」は実の中に小さい花をつけます。
果実を切ったときの中の赤っぽい粒々が花なんです。
「いちじく」は、名前から推測すると花が咲かないように思われますが実は「いちじく」は実の中に小さい花をつけます。
果実を切ったときの中の赤っぽい粒々が花なんです。

美味しいいちじくの楽しみ方

  • おいしいいちじくの見分け方

    ・全体が色づいているもの(赤紫の品種)
    ・弾力をもった皮、傷がないもの
    ・ふっくらと大きいもの
    ・切り口をみて新しいかどうか見る。木から採ったとき時、白い樹液がでます。
    ・裂け目が出来始め、中の紅い花が見えてくるくらいが一番食べ頃の物です。

  • 保存方法

    「いちじく」は傷みが早く、温度の高い場所が苦手。
    ビニールやポリ袋に入れて冷蔵庫に保管し、早く食べる事。
    冷凍保存する場合は、皮を剥きラップでくるんでください。(ぴっちり巻く)

  • いちじくの葉

    いちじくの葉は、漢方に用いられることもあります。
    乾燥させて、細かく粉砕してお茶としても楽しめる他、浴用剤などにも使われています。

  • 「いちじく」が沢山手に入ったら…

    天日干し専用の網で、4.5日天気の良い日に干すと美味しい「いちじく」のドライフルーツが出来ます。
    ジャムや、シロップ、ワインで煮るコンポートなどにしてもとても美味しいです。

いちじくの雑学

  • string(6) "なし"

    ギリシャ神話、旧聖約聖書にも登場する世界最古といわれている果樹です。1日に1つの木で1果熟すといわれている事から1熟→いちじくなったという説もあります。
    このように昔から各国で食されている「いちじく」には、消化を助ける酵素や美肌効果があります。
    食物繊維のペクチンが腸内環境を整えたり、コレステロール値や血糖値をさげる作用もあります。
    旬の今の時期是非食べて頂きたい果物です。

written by 平林直子

チョクバイ!オフィシャルサポーター
野菜ソムリエプロ

チョクバイ!トップページへ チョクバイ!トップページへ