食コラム
食コラム

採れたての味を楽しもう!夏を先取り「ヤングコーン」

以前は缶詰やパウチ包装の加工品が主流だった「ヤングコーン」。
近年、流通の発達により、旬の時期になると直売所やスーパーなどの青果コーナーでは、生のヤングコーンが見られるようになりました。

見た目のかわいらしさからも、この時期を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
風味と食感を楽しめる、初夏にぴったりなヤングコーンをご紹介します。
以前は缶詰やパウチ包装の加工品が主流だった「ヤングコーン」。
近年、流通の発達により、旬の時期になると直売所やスーパーなどの青果コーナーでは、生のヤングコーンが見られるようになりました。

見た目のかわいらしさからも、この時期を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
風味と食感を楽しめる、初夏にぴったりなヤングコーンをご紹介します。

ヤングコーンについて

  • ヤングコーンって?

    別名、ベビーコーン。
    ヤングコーンは品種ではなく、トウモロコシと同じ1つの株から採れる野菜です。
    ヤングコーンがそのまま生長すると、夏頃、私たちが食べるトウモロコシになります。

    トウモロコシは、通常1つの株から1~2本のトウモロコシを収穫します。その収穫するトウモロコシに栄養をいきわたらせ、大きく実の詰まったものに育てるために、それ以外の若いトウモロコシを未熟なうちに摘果します。
    この摘果したものが、「ヤングコーン」として市場に出回ります。

  • 収穫時期

    ヤングコーンは、トウモロコシが収穫される前、5~6月頃にかけて収穫され市場に出回ります。
    また、水煮などのパウチや缶詰、冷凍品は、一年中店頭に並びます。

  • 栄養ってあるの?

    意外と食べ応えがありますが、低カロリーのヤングコーン。カルシウムやマンガンなどのミネラル成分、ビタミン類も含まれています。

    また、葉酸が比較的多く含まれているので、葉酸を摂取したい方にはおすすめの野菜です。

    ※葉酸…造血作用や代謝に関わり、体の細胞を作る場に必須なビタミンB群の一種。熱に弱く、水に溶けやすい性質をもつ。妊娠期に不足しやすいとも言われる栄養素。

  • ヒゲってなんだろう?

    皮付きヤングコーンの魅力でもある、ふさふさのヒゲ。
    このヒゲの正体は「めしべ」です。「絹糸(けんし)」とも呼ばれ、可食部1粒から1本伸びているので、粒の数とヒゲの数は同じになると言われています。
    このめしべを通じて受粉をして、下の方から徐々に粒になり実が詰まっていき、トウモロコシへと生長するのです。
    ちなみに、トウモロコシの粒は品種にもよりますが、1本に600粒ほどあるそうです。

    乾燥させたヒゲは、漢方で「南蛮毛(なんばんもう)」、ハーブでは「コーンシルク」と呼ばれ昔から利用されています。
    近年、日本でも「トウモロコシのヒゲ茶」が注目されていますね。

    皮付きヤングコーンのヒゲの甘さとシャキシャキとした食感を味わうことができるのは、この時期だけのお楽しみ♪
    サラダのトッピングや炒めもの、スープなど様々なお料理にどんどん活用してみましょう。

  • ヤングコーンは鮮度が命!

    トウモロコシ同様、新鮮なヤングコーンは、生でも食べることができると言われています。
    ヤングコーンは鮮度の低下がとても早い野菜です。皮を剝いてしまうと鮮度の低下が早まってしまうので、できれば皮付きのものを購入したいですね。

    皮付きのものは、皮にハリがあり、皮やヒゲの色が茶色くなっていないものを選びましょう。
    特に皮なしの場合は、鮮度の低下を防ぐため、購入後はすぐに下処理をしましょう。

  • おすすめの下処理方法

    鮮度の低下が早いため、購入後はすぐに下処理をして保存しましょう。

    下処理方法は、茹でる方法もありますが、おすすめはレンジで加熱する方法です。
    お湯を沸かす手間が省けるので時間短縮になります。
    また、ビタミンの損失を軽減できるだけでなく、うま味や甘味も逃がしにくいという利点もあります。
    レンジで加熱する場合、皮付きのものは、外側の皮を1~2枚とヒゲの汚れた部分を取り除き、耐熱皿に置きふんわりラップをかけて500wで3分半程、皮なしのものは500wで1分半程加熱をして、そのまま冷まします。

    茹でる場合、皮付きのものは3分半程、皮なしのものは1分半程茹でてザルにあけ、そのまま冷まします。
    皮付きの物は、冷めてから皮を剥きましょう。
    ヒゲも残さず、様々なお料理に活用しましょう。

    どちらのヤングコーンも、すぐに食べきれない場合は冷凍保存しておくとよいでしょう。
    ※揚げ物や炊き込みごはんに利用する場合は、特に下処理は必要ありません。

  • おすすめの食べ方

    皮付きのヤングコーンが手に入ったら、まずは皮付きのままグリルしてみましょう!
    中のヒゲも一緒にフレッシュなヤングコーンをお楽しみください♪

  • 加工品とはひと味もふた味も違う生の「ヤングコーン」。
    お料理に使うと見た目も華やかになり、期間限定の風味や食感も楽しめちゃいます!
    ぜひ初夏の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

「ヤングコーン」を使ったレシピ

  • string(6) "なし"

    レシピ①
    <ヒゲも一緒に!ヤングコーンの炊き込みごはん>

    ■材料/2合分
    お米        2合
    ヤングコーン    5本
    ヒゲ        5本分
    塩         4g
    酒         大さじ1/2

    ■作り方
    ①ヤングコーンは、1cmにカットする。皮を剥き、ヒゲのきれいな部分を細かくカットする。

    ②お米を研ぎ、2合分の水を加え30分程置く。

    ③酒、塩を加えよく混ぜる。

    ④カットしたヤングコーンとヒゲを上に乗せ、普通に炊く。

    ⑤炊き上がったらさっくり混ぜて出来上がり。

    ※炊き込みごはんを、しょうゆ味の焼きおにぎりにするのもおすすめです!

  • string(6) "なし"

    --------------------------------------------------------------
    レシピ②
    <簡単!揚げないヤングコーンの春巻き>

    ■材料/6本分
    ジャガイモ    150g
    ヤングコーン   60g
    タマネギ     30g
    オリーブオイル  小さじ1
    塩        小さじ1/8
    ブラックペッパー 適量
    シュレッドチーズ 30g(5g/本) 
    春巻きの皮(小) 6枚

    ■作り方
    ①ジャガイモはレンジで加熱し、つぶして塩(分量外)を適量振り混ぜておく。

    ②下処理(上記参照)をしたヤングコーンを5mm幅にカットする。タマネギは5mm角にカットしておく。

    ③フライパンにオリーブオイルを敷き、タマネギとヤングコーンを炒め、タマネギに火が通ったらジャガイモを加え炒める。

    ④塩、ブラックペッパーを振り入れ更に炒め、お皿に出し粗熱をとる。

    ⑤春巻きの皮に、シュレッドチーズを5gと、④を40g入れて包む。

    ⑥皮にオリーブオイル(分量外)を薄く塗り、オーブントースターで両面焼いたら出来上がり。

    ※お好みでケチャップや粒マスタードをつけるのもおすすめです!

written by 小市 亜紀子

チョクバイ!オフィシャルサポーター
野菜ソムリエプロ/冷凍生活アドバイザー/ 食生活アドバイザー2級/栄養士/調理師

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram