食コラム
食コラム

「きゅうり??」いいえ。かぼちゃの仲間なんです★ズッキーニ

「きゅうり」ならあれこれと食べ方が浮かんでくるけど、「ズッキーニってどうやって食べるんだろう??」「ラタトゥイユを作る時に使う野菜ね」そんなことを思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今の時期、直売所などで見かける「ズッキーニ」。実は、いろいろな調理法で気軽に楽しめる野菜なんですよ。
ズッキーニの魅力を知って、日々の食卓でそのおいしさを確かめてみませんか?
「きゅうり」ならあれこれと食べ方が浮かんでくるけど、「ズッキーニってどうやって食べるんだろう??」「ラタトゥイユを作る時に使う野菜ね」そんなことを思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今の時期、直売所などで見かける「ズッキーニ」。実は、いろいろな調理法で気軽に楽しめる野菜なんですよ。
ズッキーニの魅力を知って、日々の食卓でそのおいしさを確かめてみませんか?

ズッキーニの楽しみ方

  • 「ズッキーニ」って、こんな野菜です。

    かぼちゃには、日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ぺポカボチャという品種があり、ズッキーニは、ハロウィンの時に飾るカボチャと同じぺポカボチャの仲間になります。

    かぼちゃの仲間でありますが、一般のかぼちゃが完熟してから収穫するのに対してズッキーニは開花してから5~7日の未熟果を食べるという違いがあります。

    未熟果は柔らかなので、皮、種、ワタも取る必要がなくそのまま料理につかうことができます。
    果肉は、じゅわっと水分があり、みずみずしい野菜です。

  • ズッキーニの花も食べられる!

    直売所で見かけることがある、花つきのズッキーニ。「花って食べられるの??」と思われるかもしれません。
    実はこれ、開花直前に収穫したもの。イタリアやフランスなどでは、フライや煮込み料理として人気があり、花の部分にチーズやハンバーグの種などを詰めて揚げたり、オーブンで焼いたりしてもおいしく味わうことができます。

  • いろいろなズッキーニを楽しもう!

    ズッキーニには、おなじみのグリーンや黄色の他にも、「すぐに食べてしまうのはもったいない!」「かわいいから飾っておきたい!」と思うような面白い形をしたズッキーニもありますよ。

    【丸ズッキーニ】
    黄色やグリーン、やや白っぽいものなど、ころんとかわいいズッキーニです。直径は6cm~10cmほどの大きさです。中心部までしっかりと果肉も詰まっています。
    手のひらサイズの丸い形を活かして、中をくり抜いて器にし、詰め物をした料理もおすすめです。

    【鶴首ズッキーニ】
    鶴のように、首がほっそりとしている黄色いズッキーニ。15cmくらいが食べごろです。

    【ズッキーニグリーンパンツ】
    ユニークなネーミングが印象的。黄色とグリーンのツートンカラーがまるで、ズッキーニがパンツを履いている姿に見えたからでしょうか??とても愛らしいズッキーニです。

    【UFOズッキーニ】
    こちらもネーミングが特徴的ですよね。その名のとおり、平たい円盤型がUFOのように見えるズッキーニ。白、黄色、オレンジ色、そして部分的にグリーンと黄色になっているものがあります。このズッキーニが、普段私たちがよく見かけるかぼちゃの形に近いと言われているそうです。

    (写真上から 丸ズッキーニ、鶴首ズッキーニ、ズッキーニパンツ、UFOズッキーニ)

  • 栄養

    体内の余分な塩分を排出する働きがあるカリウムが豊富に含まれ、むくみの解消なども期待されています。
    さらに美肌づくりや風邪予防が期待されるビタミンCも多く含み、そのうえ低カロリー。
    ズッキーニには、女性にもうれしい働きが沢山ありますね。

  • 保存の仕方

    常温保存がベスト!
    ズッキーニの保存に適した温度帯は10度~20度のため、実は野菜室保存には不向き。
    使っていないズッキーニの保存は、常温保存がおすすめです。
    その際には、一本ずつ、新聞紙に包んで風通しのよい冷暗所で保存するようにしましょう。
    (1週間を目途に使い切りましょう。)

    【冷蔵庫で保存する場合には??】
    1本ずつ、ラップかビニールに包んで野菜室で保存しましょう。
    日持ちがあまりしないので、3~5日程度で使いきるようにしましょう。

    【冷凍で保存する場合には??】
    ・輪切りにして保存
    洗って水気をしっかりふきとったズッキーニを、重ならないように並べて保存袋に入れて冷凍しましょう。

    ・炒めたものを保存
    オリーブ油で炒めたものを冷ましてから保存袋に入れて冷凍しましょう。

    ・茹でたものを保存
    固めに茹でたものを冷ましてから保存袋に入れて冷凍しましょう。

ナスのように楽しもう!ズッキーニおすすめレシピ

  • string(6) "なし"

    ポイントは、「ナス」と同じように使ってみること。
    ズッキーニも、生で、煮て、炒めて、揚げて、いろいろな調理法で楽しむことができます。

    ★ズッキーニは、形や色で味の違いはほとんどないのでお好きなものを・・・。
    サラダや和え物など生でいただく場合には、薄く切って使うと固さが気にならずにおいしく召し上がることができますよ!

  • string(6) "なし"

    --------------------------------------------------------------
    ・レシピ①
    <ズッキーニと塩こんぶあえ>

    (材料 2人分)
    ズッキーニ 1本
    塩こんぶ(減塩のもの使用) 4g
    塩揉み用の塩 ひとつまみくらい

    (作り方)
    ①ズッキーニは半円に薄く切り、塩揉みをして水気を切っておく。

    ②ボウルに塩こんぶを入れ、①を合わせてよく混ぜる。

  • string(6) "なし"

    --------------------------------------------------------------
    ・レシピ➁
    <ズッキーニのポテツナサラダ>
    ポテトサラダにはきゅうりが定番ですが、ズッキーニで作ってもおいしくいただけますよ♪

    (材料 2人分)
    ズッキーニ 1本
    じゃがいも 2個~3個
    ツナ缶   1/2缶
    マヨネーズ 大さじ1~2
    粒マスタード 小さじ1/2
    塩、こしょう 少々

    (作り方)
    ①じゃがいもを茹で、柔らかくなったら湯を捨てて潰し、水分を飛ばす。

    ②ズッキーニは半円に薄く切り、塩揉みをして水気を切る。

    ③ボウルに、冷ましたじゃがいも、ズッキーニ、水気を切ったツナを入れよく混ぜ、マヨネーズ、粒マスタード、塩、こしょうをして味を調える。

  • string(6) "なし"

    --------------------------------------------------------------
    ・レシピ③
    <ズッキーニのポテツナサラダの挟み揚げ>
    先ほど紹介した、ズッキーニのポテツナサラダが余ったら、ズッキーニに挟んで揚げてみてはいかがでしょうか?
    揚げたてあつあつを、レモンや塩で。もちろんソースでも。

    (材料)
    ズッキーニ 1本
    ズッキーニのポテツナサラダなど
    (市販のポテトサラダでも) 30gくらい
    小麦粉、卵、パン粉 適量
    揚げ油 適量

    (作り方)
    ① ズッキーニをやや厚めの輪切りにする。

    ② 輪切りにした一方に薄く小麦粉をつけておく。

    ③ ズッキーニを二枚一組にし、小麦粉をつけた方にポテトサラダを挟んでいく。

    ④ 小麦粉、卵、パン粉の順でつけていき、170度に熱した油で揚げる。

  • string(6) "なし"

    --------------------------------------------------------------
    ・レシピ④
    <ズッキーニとしめじ、ベーコンの豆腐グラタン>
    夏は、どうしても体を冷やす食材を摂りがち。たまには体を温める料理はいかがでしょう??あつあつグラタンですので、くれぐれもお部屋は涼しくしてお召し上がりくださいね(笑)

    (材料 2人分)
    ズッキーニ 1本
    ベーコン 50g
    しめじ  50g
    豆腐  1/2丁
    甘酒(牛乳でも可)  大さじ1/2
    味噌  小さじ1~2
    こしょう 少々
    ピザ用チーズ 適量
    オリーブ油 適量

    (作り方)
    ①ズッキーニはいちょう切りにし、ベーコンはさいの目切りに、しめじは小分けにしておく。

    ②ボウルに豆腐(水切りせずそのまま)、味噌、甘酒を入れ滑らかになるまで混ぜておく。

    ③フライパンにオリーブ油をしき、①を入れてしんなりするまで炒める。

    ④③に➁を入れてよく炒め合わせ、こしょうをして味を調える。

    ⑤グラタン皿に盛り付け、ピザ用チーズを載せ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。

written by 青柳 由美子

野菜ソムリエプロ/冷凍生活アドバイザー/食品衛生責任者

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram