食コラム
食コラム

湿度の高い夏…みずみずしい「冬瓜」「ゴーヤー」でクールダウン!

外の空気は湿気でジメジメ、汗をかいてさらにベッタリ、なんともいやな不快感が体にまとわりつく夏。のぼせを感じたり食欲がおちたり…夏バテの症状にもつながります。そんな時は夏野菜を積極的に食べて改善してみませんか?

なかでも夏の直売所でも入手しやすい「冬瓜」や「ゴーヤー」はおすすめ。でもこれらの食材が実はちょっと苦手な方、ワンパターンメニューになりがちでお困りの方も少なくないのでは?

夏の体に良いとされる理由とともに、「冬瓜」「ゴーヤー」が食べやすくなるアレンジをご紹介いたしましょう。
外の空気は湿気でジメジメ、汗をかいてさらにベッタリ、なんともいやな不快感が体にまとわりつく夏。のぼせを感じたり食欲がおちたり…夏バテの症状にもつながります。そんな時は夏野菜を積極的に食べて改善してみませんか?

なかでも夏の直売所でも入手しやすい「冬瓜」や「ゴーヤー」はおすすめ。でもこれらの食材が実はちょっと苦手な方、ワンパターンメニューになりがちでお困りの方も少なくないのでは?

夏の体に良いとされる理由とともに、「冬瓜」「ゴーヤー」が食べやすくなるアレンジをご紹介いたしましょう。

「冬瓜」、「ゴーヤー」の楽しみ方

  • 夏バテした体には…

    私たちの体は暑さによって上昇した体温を下げようと汗をかきますが、汗の水分と同時に体に必要な栄養素であるナトリウムやミネラルなども流れ出てしまいます。また、暑くなった体を冷まそうと水分や冷たいものを摂り過ぎると、胃腸に負担がかかります。
    このような状態が続くと体はバランスを崩し、食欲不振、倦怠感、不眠などいわゆる夏バテの症状がでてしまうのです。
    そこで、汗をかいて不足した水分や栄養素を適度に補うこと、胃腸の調子を整える食材を積極的にとることがポイントになってきます。

  • 冬瓜で涼しさアップ!

    手にとるとずっしり感じる「冬瓜」。その理由は実の90%以上を占める水分です。また、カリウムやビタミンCを多く含んでいます。名前から冬の食材と勘違いしやすいですが、旬は夏。

    涼しい場所に置いておくと保存性が高くなり、冬までもつことから「冬瓜」という名前がついたようです。たっぷり含まれた水分は体の熱をさまし、カリウムは体内のナトリウムとのバランスを整えようとすることから、夏バテには良いとされています。

  • 冬瓜のおすすめレシピ

    水分を多く含んでいるため、スープや煮物にすることが多い「冬瓜」。食べてみるとジュワっとくる水分を楽しめます。
    とてもあっさりした食材でそれ自体に味に大きな主張がないため、お好みの味付けにすることが魅力。ですが、スープや煮物に飽きてしまった、逆にあっさりしすぎて苦手ということなら、火を通さずに食べるサラダがおすすめ。
    千切りにして、ツナと混ぜてサラダにすることで、これまでと違ったおいしさに出会えますよ!

    ・・・・・
    ◆シャキシャキ!冬瓜サラダ

    ・材料(作りやすい量)
    冬瓜 小1/2個
    ツナ缶 1缶
    塩 少々
    マヨネーズ お好みで
    あらびきコショウ お好みで

    ・作り方
    1.冬瓜の皮と種・ワタをカットし、千切りにする
    2.塩をまぶしてしばらく置く
    3.水にさらしてから、水分をきる
    4.ツナ缶を入れ、マヨネーズであえる
    5.コショウをかけて完成!
    ・・・・・

    湿度や気温の高い日にはこんな冷たいサラダが恋しくなります。大根サラダのようにシャキシャキした食感がおいしさのポイント。ハムを混ぜたり、トマトを飾ったりしてもいいですね。

  • ゴーヤーで夏バテ回避!

    ゴーヤーは和名を「にがうり」ともいい、名の通り苦みが特長です。苦みの元である「モモルデシン」は胃腸の調子を整えると言われており、夏の胃腸の働きに一役買います。

    冬瓜同様、ゴーヤーもカリウムやビタミンCが豊富。さらには鉄分や食物繊維が含まれていたり、抗酸化作用があるとも言われており、夏バテ回避にはとても心強い食材です。

  • ゴーヤーのおすすめレシピ

    苦みが特徴の食材ですから、その苦さが原因で食べづらさを感じている人もいらっしゃることでしょう。豚肉やスパムと炒めたゴーヤーチャンプルーが定番ですが、苦みが苦手ならチップスにしておやつ感覚で食べるのもおすすめ。
    カットした後、しばらく水にさらすことで苦みをとることもできます。ただ、栄養成分も流れてしまうので、さらしすぎには注意です。

    ・・・・・
    ◆スナック感覚で!ゴーヤーチップス

    ・材料(作りやすい量)
    ゴーヤー 1本
    片栗粉 適量
    揚げ油 適量
    塩 少々

    ・作り方
    1.ゴーヤーの縦半分にカットし、中の種とワタをスプーンで取り除く
    2.2~3mmくらいの薄さでスライスにする
    3.(ここでしばらく水につけると苦みが和らぎます)
    4.水分をよくとり、片栗粉をまぶしたら180度の油で揚げる
    5.浮かんできたら取り出し、余分な油をとる
    6.塩をまぶして完成!
    ・・・・・

    夏に揚げ物は…と敬遠したくなるかもしれませんが、さっぱりしたものばかりを食べがちな夏には良いアクセントになりますよ。
    もちろん、過剰摂取は胃腸に負担をかけるため避けましょう。

ゴーヤー水もとれる?!

  • string(6) "なし"

    グングン伸びるツルが夏の陽ざしを遮るとして、家庭で育てることも多くなったゴーヤー。色鮮やかなグリーンとかわいらしい黄色の花は、ジメジメとした夏の暑さを癒しのひとときに変えてくれます。そこでこの夏おすすめしたいのが、ゴーヤー水をとること。

    とり方は、ゴーヤーからでる水分を入れる容器(瓶やペットボトルなど)を用意して、そこに根っこに近いところから50cmくらいにある茎を斜めに切った切り口を差し込んでおくだけ。
    数時間でゴーヤー水がとれるそうですよ!抗酸化作用もあるというゴーヤー、夏ならではの天然の化粧水としてぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

written by 神谷奈央子

食とフラダンスをこよなく愛する2児の母。
産後、宅配野菜にハマり野菜本来のおいしさに気づく。
ゆるベジや薬膳料理、時短料理にも興味あり。家族揃って大のトマト好き!
WEBライター、カフェ店員、東京・吉祥寺でママコミュニティ運営の3本柱で活動中。

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram