食コラム
食コラム

「花が落ちて地中で実がなる」不思議な植物☆落花生♪

真夏に可愛らしい黄色い花を咲かせる落花生。その花が落ちると、その花の根本から子房柄(しぼうへい)が地面に向かって伸び、地面の中に潜って実をつけます。
このように落花生の実のつけ方は他の植物と比べてとても珍しく、その出来る過程や様子を漢字で表したものが名前となりました。
今回は、落花生についてご紹介します!
真夏に可愛らしい黄色い花を咲かせる落花生。その花が落ちると、その花の根本から子房柄(しぼうへい)が地面に向かって伸び、地面の中に潜って実をつけます。
このように落花生の実のつけ方は他の植物と比べてとても珍しく、その出来る過程や様子を漢字で表したものが名前となりました。
今回は、落花生についてご紹介します!

落花生の楽しみ方

  • 国内シェアの約8割が千葉県産

    現在、国内で流通する落花生の約9割が外国産、残りの約1割が国内産です。そして、国内産のうち約8割が千葉県で生産されています。畑でじっくり時間をかけて自然乾燥させた千葉県産落花生は、風味のよさで多くの人の支持を得ています。

  • 落花生の歴史

    「千葉県といえば落花生」というイメージはどのように作られたのでしょうか?その歴史をひもときます。

    落花生の歴史は諸説ありますが、紀元前850年頃のペルーの遺跡から種子が発見されていることなどから、原産地は南米大陸のアンデス山脈の麓という説が最も有力です。現在でも、ペルーやボリビア、アルゼンチンでは道ばたに落花生の野生種が自生しているのが確認されているということです。落花生はマメ科ナンキンマメ属の1年生草本で、全世界のマメ科植物のなかでは、 第2位で、大豆の次に多く生産されている作物です。そんな落花生は大航海時代に世界中に広まり、長い旅の末江戸時代中国から伝来したと言われています。

    【千葉県での落花生栽培の先人たち】
    ●牧野万衛門(まきのまんえもん)山武郡南郷村(現山武市)
    明治9年。神奈川県三浦郡の農家から4.5リットルの種を1円で買ってきて蒔いたのが千葉県落花生の第一号だそうです。

    ●金谷総蔵(かなやそうぞう)匝瑳郡鎌数村(現旭市)の名主
    明治11年。初代千葉県知事(柴原和氏)の「落花生栽培奨励論告」に賛同し、県より種子2升を譲り受け2反の北総台地の開墾地に蒔き、農民に肥料、種子を無料で貸し付け、収穫物を引き取り東京で販売したところ、他の雑穀類の数倍の利益を上げる事ができ、旭市を中心とした千葉県の落花生産地が広がっていったということです。

    【品種改良により安定した栽培が可能に!】
    明治時代は旭市での栽培が主でしたが、大正に入ってからは印旛郡台地(現八街市、冨里市など)に普及。当時の品種は干ばつの影響を受けやすかったが、一方八街市付近の畑地には干ばつに強い品種が中国から入り、次第に栽培面積も増えていったようです。

  • 落花生の品種

    【郷の香(ゆで落花生用)】8月下旬ごろ
    「ナカテユタカ」と「八系192」を交配育成。さっぱりとした甘味でやわらかいのが特徴です。

    【おおまさり(ゆで落花生用)】9月上旬ごろ
    「ナカテユタカ」と「ジェンキンスジャンボ」を交配。実の重さが一般品種の2倍という大きな落花生。大きくやわらかな食感と強い甘味があり、インパクトある味わいが特徴です。

    【千葉半立ち(煎り落花生用)】11月上旬ごろ
    千葉県農業試験場の選抜育成品種で他の品種に比べるとやや小ぶり。歯ざわりよく風味とコクが優れていて、根強い人気があります。茎の先が中ほどから立ち上がるのでその名がついたそうです。

    【ナカテユタカ(煎り落花生用)】10月中旬
    「関東8号」と「334A」を交配。実はおおきめで光沢があり、あっさりとした甘味が特徴です。

  • 「Qなっつ」平成19年以来10年ぶりに新しい落花生が誕生!!

    【Qなっつ(煎り落花生用)】10月中旬
    約20年という年月を費やして誕生したQなっつ。「郷の香」と「関東96号(土の香)×(千葉半立ち)」を交配育成。乾燥や病気に強い品種です。

    ★名前の由来
    アルファベットの「p」の次である「Q」をとり、これまでのピーナッツを超える味にという想いが込められているそうです。名称は平成29年の秋に公募され、応募総数6,330通の中から選ばれています。

    ★味の特徴
    ショ糖の含有率が高く、際立つ甘味がありながら、あっさりとしています。莢の外観品質が優れています。(色白莢)

    『野菜ソムリエコミュニティちば』の畑でも、このQなっつを栽培、収穫しました。
    「千葉県といえば落花生」「落花生といえばQなっつ」を合言葉に応援しています! 

  • 栄養

    可食部100gあたりで約562kcal。
    落花生はたんぱく質、脂質、ビタミンをバランスよく含む食材です。中でもオレイン酸が豊富に含まれ、コレステロール値の改善や血管の強化など、様々な効果が期待できるといわれています。
    美容効果があると言われているビタミンB2や、血管の流れや細胞の活性の効果が期待できるビタミンEも含まれ、健康と美容にぜひ取り入れたい食材の一つといえますね。

  • 落花生の雑学

    【ぼっち】
    落花生の産地として有名な八街市・千葉市周辺の落花生畑には、秋になるとずらりと「ぼっち」が並びます。
    「ぼっち」とは落花生の株を、豆を内側にして円柱状に積み上げ、頂部にわらをかぶせたもの(今はブルーシートが多く使われています)。積み上げて一ヶ月ほど通風乾燥させます。
    こうしてゆっくりと風にあて乾燥させることでショ糖が増え、おいしい落花生になるのです。「ぼっち」の名前は時代劇などで使われる「ボッチがさ」に似ていることからこの名前がつけられたと言われています。

  • 【ご存知ですか?落花生は夜になると眠ります】
    落花生は夜になると葉をたたんで眠ります。昼間の落花生は、葉を左右対称に開いて太陽の光をいっぱい受けていますが、夜になると葉をピッタリ閉じて眠ります。1日のうちで周期的に起こる花や葉の就眠運動といいます。
    植物の体内には、固有のリズムを刻むしくみ(体内時計)があり、それと外界の光や温度の条件の変化など組み合わさって、就眠運動のような現象がひきおこされるようです。

落花生を使った簡単レシピ

  • string(6) "なし"

    【バターピーナッツの作り方】
    ◆材料
    むき煎り落花生 200g
    塩 少々

    ◆作り方
    ①フードプロセッサーを用意し、これにむき煎り落花生とお好みで塩少々入れる。
    ②1分位フードプロセッサーを回し、しっとりとした状態になれば出来上がり。

  • string(6) "なし"

    【ピーナッツおやき】
    ◆材料
    じゃがいも 大2個
    むき煎り落花生 50g
    塩・こしょう 少々
    ゴマ油   

    (*つけダレ)
    *しょう油 大さじ2
    *酢 大さじ2
    *白ゴマ 小さじ1
    *長ネギみじん切り 大さじ1

    ◆作り方
    ①じゃがいもは皮をむき、すりおろしてザルに入れデンプンを沈殿させる。水を捨てデンプンを使う。
    ②ボールに①を入れ塩、こしょうで味付け落花生も入れる。
    ③フライパンにゴマ油を熱し丸型におとす。両面に焦げ目がついたら出来上がり。
    ④つけダレで食べる。

written by 宮澤照子

チョクバイ!オフィシャルサポーター
野菜ソムリエプロ

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram