食コラム
食コラム

万能「バナナ」と直売所にある野菜・果物で秋を楽しむ☆レシピ5選

日本で1番食べられている果物は何だと思いますか。りんご?みかん?…答えは「バナナ」です。小さなお子さんからご高齢の方まで、幅広い年齢層に人気ですね。手軽で程よく甘く値段もお手頃。カロリーは意外に低めです(ごはん1膳約240kcal、バナナ1本約85kcal)。
バナナと直売所にある野菜や果物で作れるレシピを5つご紹介します。
日本で1番食べられている果物は何だと思いますか。りんご?みかん?…答えは「バナナ」です。小さなお子さんからご高齢の方まで、幅広い年齢層に人気ですね。手軽で程よく甘く値段もお手頃。カロリーは意外に低めです(ごはん1膳約240kcal、バナナ1本約85kcal)。
バナナと直売所にある野菜や果物で作れるレシピを5つご紹介します。

バナナと旬野菜や果物で作る☆レシピ5選

  • バナナの栄養注目ポイント

    水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種の食物繊維が腸を元気に保つ事をサポート。
    また、ブドウ糖、果糖、ショ糖等の糖類が含まれているので、長時間エネルギー補給をサポート。
    ビタミンB群やカリウム、マグネシウムといったミネラルも含みます。

  • 保存方法

    最適な保存温度は15~20度。この温度帯でバナナの根元をラップ等でくるみ、バナナハンガーに掛けてください。
    また、熱い時期は根元をラップで巻き、更に一つずつビニールに入れます。
    数がある場合は、まとめてビニール袋にいれ冷蔵庫で保存、皮は黒くなりますが中身は綺麗なまま。2週間程度は保存が効くようです。

  • 【レシピ1】みかんバナナゼリー

    みかんの季節が始まりました。みかんの器でかわいいゼリーを作りませんか?

    ■材料 (4個分) 
    みかん4個
    水(果汁しぼり汁が少ない場合に足す分)(合計で200cc)
    バナナ1本(小)
    ゼラチン 5g
    ゼラチン用水 大さじ1
    砂糖 大さじ2
    ※みかんの甘さによって砂糖は調節してください。

    ■作り方
    ①ゼラチン5グラムを大さじ1のお湯(80度以上)でよく混ぜ溶かしておく。
    ②みかんをさっと洗い、キッチンペーパー等でふく。
    ③みかんの上部を残して横にきる。上部は飾り蓋になります。
    ④先割れスプーンなどで果肉をかき出し、ボウルに入れる。
     次に、薄皮と皮を丁寧にはずす。(底に穴が開かないようにして下さい)
     房を一つはずすと他も手ではずれます。
     清潔な布巾などで、果肉の果汁をボウルに絞ります。
    ⑤バナナを薄く輪切りにします。
    ⑥ボウルに果汁・ゼラチン・水・砂糖をいれます。

    混ぜた後、みかん器に注ぎます。輪切りしたバナナを3個程度入れます。冷やし固めます。

  • 【レシピ2】バナナとかぼちゃのパウンドケーキ

    「坊ちゃんかぼちゃ」って、ご存知ですか?直売所で最近よく見かける可愛い手のひらにのるかぼちゃです。丸ごとレンジでチンして手軽に使うことが出来ますよ。

    ■材料
    ホットケーキミックス 150g
    かぼちゃ       140g
    バナナ        1本
    牛乳       大さじ5
    甘酒(米麹)   大さじ2 

    ■作り方
    ①かぼちゃは、皮のまま洗いラップに包み、600w5分程度加熱します。
    ②熱いうちに、ボウルでやや形が残る程度につぶします。
    ③バナナの皮をむき、荒く輪切りし、つぶします。
    ④かぼちゃ、バナナ、牛乳、甘酒を加え混ぜます。
    ⑤④にホットーケーキミックスを加え粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
    ⑥パウンド型に流します。
    ⑦余熱後、170度40分程度焼成。

  • 【レシピ3】パリパリ皮のとろ~りバナナりんご

    りんごの旬も始まりました。甘酸っぱいりんごとバナナでいつも余ってしまう餃子の皮で美味しいデザートを作りましょう。

    ■材料
    餃子の皮  8枚
    バナナ   1/2本
    りんご   1/4個(60g位)
    砂糖    18g(りんごの重さの30パーセント)

    お好みで、クリームチーズ

    ■作り方
    ①りんごに砂糖を加え、少し置く。
    ②その後電子レンジで600w4分程度、ジャム状にする。
    ③バナナを潰す。
    ④餃子の皮を広げ、4枚にりんごジャム・潰したバナナを載せます。(お好みでクリームチーズを少々)
    ⑤上から更に、皮で閉じる(水をつけながら閉じる)。
    ⑥170度の油で「かりっ」と揚げます。

  • 【レシピ4】キャロットラぺ、バナナトッピング

    にんじんも今が旬です。酢やオリーブオイルで千切りにんじんを和えたキャロットラぺ。甘酸っぱさを楽しんでください。

    ■材料(2人分)
    にんじん  1本
    バナナ   1本
    -A-
    酢    大さじ2と1/2
    オリーブオイル 大さじ1
    砂糖    少々
    塩コショウ 少々

    ■作り方
    ①Aを全部合わせておく。
    ②にんじんを細切り。バナナも千切りにする。
    ③細切りにんじんをAで合える。
    ④細切りしたバナナをトッピングする。
    ※バナナは食べる前に載せてください。

  • 【レシピ5】バナナと水菜のスムージ

    11月から旬をむかえる水菜とバナナでスムージ!完熟バナナを使うと、砂糖がなくても程よい甘みです。
     
    【材料】(1人分)
    バナナ   1本
    水菜    100g
    水     50cc

    【作り方】
    ①バナナの薄い輪切りを6枚切る。冷やしたグラスの内側に、バナナの輪切りを貼る。優しく押し付ける。
    ②ミキサーやバーミックスで薄切り以外の材料を入れスムージにする。
    ③スムージを注いだ後、飾り用輪切りバナナを2枚載せる。
    ※甘さが足らない時は、蜂蜜などを入れて下さい。

  • いかがでしたか?
    今はまだ輸入に頼ることが多いですが、関東ではバナナを作っている農園・直売所もありますよ。
    これから『メイド・イン・ジャパン』のバナナが沢山増えてくると嬉しいですね!

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram