食コラム
食コラム

九州・沖縄地方の特産物【全国の野菜図鑑】

日本全国から、特産物、名産品として知られる農産物を、地域ごとにまとめてご紹介します。四季折々、北から南まで、地域の魅力がいっぱいつまった、とっておきの味をお楽しみください。あなたはいくつ、知っていますか?
日本全国から、特産物、名産品として知られる農産物を、地域ごとにまとめてご紹介します。四季折々、北から南まで、地域の魅力がいっぱいつまった、とっておきの味をお楽しみください。あなたはいくつ、知っていますか?

九州・沖縄地方の特産物一覧

  • 博多アスパラガス|福岡県福岡市

    味や安全性、収穫量、栽培時の環境への配慮にも優れた博多アスパラガスは、県の農産物ブランド化推進対象品目に承認されています。冬でも温暖な気候とビニールハウス栽培による保温効果で、1月から10月までという長い期間おいしく食べられます。中でも6月から7月に採れる夏芽は根元まで柔らかく甘みも抜群!

  • 唐人菜|長崎県長崎市

    古来から貿易の窓口として栄えた長崎に、中国から伝来したと言われる「唐人菜」。葉はやわらかくちりめん状で、長崎地方では「長崎白菜」とも呼ばれお雑煮の具として欠かせない野菜です。カルシウムやβ-カロテン、葉酸、ビタミンC、鉄が豊富で皮膚や粘膜の健康維持やシミ・しわなどの予防にも。

  • からいも|熊本県大津町

    1600年代に中米から中国を経て日本に伝わったサツマイモが1700年代に九州地方で本格的な栽培されるようになり、中国から来た芋という意味で「から(唐)いも」と呼ばれるようになりました。糖質や食物繊維に加えビタミンC・B1・Eが豊富で、特にビタミンCは加熱調理しても壊れにくいのが特徴です。

  • 桜島大根|鹿児島県鹿児島市

    大和本草(1709年)に「薩摩大根は常のより大なり」と記録されており、江戸時代には大きな大根として作られていたようです。ルーツには諸説あり、「桜島だいこん」と呼ぶようになったのは約200年位前と推測されています。
    昔は年が明けて寒さが厳しくなると家族で切り干し大根を作って保存していたそうです。美味しそうですね!

  • 辻田白菜|長崎県長崎市

    県により認定された長崎伝統野菜のひとつで、中国から導入された白菜が大正8年に篤志家の辻田長次郎氏により育成・定着されたことから名づけられました。葉肉が厚く歯ざわりもよく、当時は漬物用などに珍重されましたが、その後品種改良した白菜に押され生産が減少し、今では貴重なものになっています。

  • 伊江島小麦|沖縄県伊江島

    周囲30㎞にも満たない沖縄の小さな島、伊江島は琉球王国時代から続く小麦の一大生産地。100年以上前から栽培されてきた在来品種は、個性的な香りと風味、味わいのある粗さが特徴です。戦時中も防空壕にその種を隠し持ち、戦後は島中の農家で種を分け合いながら、島民によって守られてきた味です。

  • 黒皮カボチャ|宮崎県川南町

    希少価値の高い日本かぼちゃの一種で、日照時間が長く温暖な気候の宮崎県で日光をたっぷり浴びて育つ、別名「日向かぼちゃ」。西洋かぼちゃに比べ果肉が粘質で煮崩れしにくく、舌触りがきめ細やか。上品な甘みで古くから日本料理の高級食材として重宝されています。

  • やまだいかんしょ|宮崎県串間市

    宮崎県串間市のブランド甘藷で、皮が鮮やかで美しい赤色をしているので別名は「赤ダイヤ」。地元で飼育される家畜のたい肥を活用した健康な土作りで品質の向上に取り組んでおり、上品な甘みとホクホクとした食感が特徴です。焼き芋や天ぷら、お菓子などどんな料理にもぴったり。

  • 鶴の子芋|熊本県高森町

    「くまもとふるさと伝統野菜」に認定されるサトイモの原種。現在では高森町のわずかな農家で生産されているだけで、一般の市場では入手困難な希少な品種です。子芋を利用するサトイモで、濃厚な味と粘りが郷土料理の高森田楽や長寿を願うおせち料理に欠かせません。

  • ヤソゼリ|大分県別府市

    キリシタン文化とゆかりの深いこの地には古くから渓流にクレソンが自生しており、冬から早春へと新鮮な緑色を増してくるこの野草を人々は「耶蘇芹(やそぜり)」と呼んでいました。標高の高い平坦地のクレソンに比べ、高冷地の湧き水の沢に育つものは柔らかく、独特の風味が強いのが特徴です。

  • 阿蘇しいたけ|熊本県阿蘇市

    日当たりのよいクヌギの木を原木にして、自然環境の中1年から2年。じっくりと四季を感じて、金を繁殖させながら成長し、収穫されます。健康に育った阿蘇しいたけはとにかく肉厚!茶碗蒸しや煮物にしたら絶品ですよね。炭火焼きにして阿曽しいたけ本来の香りを楽しむのもおすすめです!

  • 太陽のタマゴ|宮崎県日向市

    宮城でマンゴーの栽培が始まったのは30年近く前のこと。病害などたくさんの試練を乗り越えて、完熟にこだわった太陽のタマゴができました。その濃厚な甘味は多くのファンを魅了し続けています。本来の美味しさ、香りを十分に含んだ状態で提供できるように収穫の方法にまでこだわっているんですよ!

  • あまおう|福岡県筑紫野市

    「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まい。こんな由来があったことみなさんご存知でしたか?果実は大きく形が整っており、とにかく糖度が高い!ふっくらとした艶のある見た目に思わず口元が緩んでしまいます…ほのかな酸味と豊潤な苺の香りに甘さが特徴です。

その他の地方の特産物

written by チョクバイ!編集部

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram