特集企画 Special Issue 特集企画 Special Issue
#生産レポ

タキイのタネでナス「PC筑陽」を栽培
~生産者栽培レポート vol.1~

PC筑陽|タキイ種苗|生産者栽培レポート
 

千葉県の2軒の農家さんがタキイ種苗の種でナス「PC筑陽」を栽培!
種まきから定植、収穫して直売所で販売するまでを4回にわたってレポートします。

夏野菜の定番と言えばナス。「PC筑陽」はどんなナスなのでしょうか?!今から楽しみですが、これから栽培の様子や収穫、販売までの道のりをシリーズで公開していきますので、最後まで栽培レポートをぜひお楽しみくださいね!

今回の栽培に使った種の品種

●ナス「PC筑陽」

単為結果性で着果促進処理が不要!「筑陽」タイプのトゲなし長ナスです。
果皮はやわらかく、炒め物や煮物、焼きナス、漬物など、幅広い用途に適しています。
石ナスや曲がり果の発生が少なく、果ぞろいにすぐれ、秀品率が高い。果色は濃黒紫色で、つやがよく、色ボケ果の発生が少ないのが特長です。

栽培に協力してくれた農家さん

●おばたファーム/小幡祐亮さん

千葉県松戸市。おばたファームの農園で育てた年間50種類以上の新鮮野菜を栽培し、直売所を運営。夏場はブルーベリーの収穫体験も実施しています。

●飯塚農園/飯塚良佑さん

千葉県柏市。美味しさを軸に、厳選した品種を育てています。トマトやエダマメをはじめとした季節の野菜を栽培・直売しています。贈答用トマトも大好評!

栽培レポ ~播種から発芽まで~

第1回目は、種まきから発芽までの様子を小幡さん、飯塚さんに伺いました!

●おばたファーム

4/5に播種をして、この日でちょうど2週間、小幡さんの畑でお話を伺いました!

小幡さんの播種の方法はプラポットに種を蒔き、ビニールハウスの中で大切に苗を育てるという方法です。
「1週目は気候の変動が激しく、気温が低い日も多かったんですが、種を蒔いてから2週目は春らしい陽気の日も多く、一気に発芽しました!」と、発芽したPC筑陽の苗を小幡さんが笑顔で見せてくださいました!

この日のハウスの温度は40℃。「PC筑陽」の様子を教えてくださいました

発芽して間もない「PC筑陽」の苗は他の同時期に蒔いたトマト「フルティカ」、こどもピーマン「ピー太郎」と色も形も大きさも目視では見分けがつかない状態でした。

ここから、「PC筑陽」(ナス)の葉っぱがどのように生長していくのか、とても楽しみですね!

発芽したばかりの「PC筑陽」の苗

●飯塚農園

4/16に播種して9日目に芽が出ました!
「今年は案外寒い日も多かったので思ったより時間がかかりました。」と飯塚さん。

芽が出たばかりの双葉はどれも似た姿で見分けがつかないという素人発言に、「どれもナス科ですからね(苦笑)」との飯塚さんの解説。失礼しました…!

発芽したばかりのナス「PC筑陽」 どんな葉っぱになるかお楽しみ!

大切にカバーをかけられ、暖かく守り育てられている様子はまるで新生児室で眠る赤ちゃんたちのよう。かわいいですね。
この後、2週間くらい経ったら大ポットに移植、6月中に定植できたらいいなということです。

これからどのように生長していくのか楽しみです!!

播種はハウスの中で。電熱線の上に種まき用のトレイを並べ、ネットのお布団をかけます。

次回は定植の様子をレポートする予定です。
お楽しみに!

タキイ種苗について

タキイ種苗株式会社は、京都府京都市下京区に本社を置く種苗会社。1835年創業。「桃太郎トマト」の種苗でその名を広く知られている。
現在世界約120カ国へ商品を販売し、国内業界リーディングカンパニーとして、国内はもとより世界中の人々の食生活・食文化の基盤を支えている。

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram