特集企画 Special Issue 特集企画 Special Issue
#生産レポ

タキイのタネでオクラ「ヘルシエ」を栽培
~生産者栽培レポート vol.1~

ヘルシエ|タキイ種苗|生産者栽培レポート
 

千葉県の2軒の農家さんがタキイ種苗の種でオクラ「ヘルシエ」を栽培!
種まきから定植、収穫して直売所で販売するまでを4回にわたってレポートします。

オクラって色々あるけど、「ヘルシエ」はどんなオクラなのでしょうか?!
「ヘルシエ」の特長を紹介しながら、オクラの栽培について、実際に農園におじゃまして農家さんが栽培する様子を紹介していきますので、ぜひお楽しみください。

今回の栽培に使った種の品種

●オクラ「ヘルシエ」

段違いのねばとろ感!パステルグリーンのやわらか丸莢!
オクラ特有の粘りがとくに強く、従来品に比べ、水溶性ペクチン(食物繊維)の含有量が多い。ネバネバ3倍で、かめばかむほどもちもちとした粘りが増します。
肉質はとくにやわらかで食味がよい。15cm程度までとり遅れても、硬くなりにくく販売に有利。
オクラ独特の臭みも少ないのが特長のオクラです。

栽培に協力してくれた農家さん

●おばたファーム/小幡祐亮さん

千葉県松戸市。おばたファームの農園で育てた年間50種類以上の新鮮野菜を栽培し、直売所を運営。夏場はブルーベリーの収穫体験も実施しています。

●飯塚農園/飯塚良佑さん

千葉県柏市。美味しさを軸に、厳選した品種を育てています。トマトやエダマメをはじめとした季節の野菜を栽培・直売しています。贈答用トマトも大好評!

栽培レポ ~播種~

第1回目レポート。種まきの様子を小幡さん、飯塚さんに伺いました!

●おばたファーム

5/10、快晴の日の午後におばたファームで「ヘルシエ」の種を蒔いた時の様子を伺いました!

「5/6に「ヘルシエ」の種を蒔きました。オクラはこの時期だと畑に直接種を蒔きます。」
数日前に種を蒔いたばかり。マルチをひいて1か所に2粒ずつ種を蒔いたそうです。

「一つ一つ手作業で種まきをするのって結構大変なんですよー」と、種を蒔いたところを見せてくださいました

小幡さんの畑では、毎年オクラを栽培しているそうですが「ヘルシエ」の栽培は今回が初めてとのこと。

「おばたファームでは、オクラは必ずゴールデンウィーク後に種を蒔きます。オクラは地温が10℃以下だと育ちません。地温を25℃程度にする為にマルチをひいて播種します。」と教えてくださいました。

初めて栽培する「ヘルシエ」、今までと違う品種なのでどんな実になるのか、今から楽しみですね!

5月初旬の快晴の日、心地よい江戸川のそよ風をあびながら「ヘルシエ」の種を蒔いた畑を確認する小幡さん

●飯塚農園

5/17に飯塚さんの畑にお邪魔しました!
今回、オクラはトマトの直売所裏にある畑で栽培します。

オクラは直接畑に種まきをする直播きなので、畑が十分に潤うタイミングを計っていたのですが…うーん、このところ柏は全然雨が降りません!困ったー!!

湿気が少ない方が良い作物もあれば、水気が欲しいものもある。多品目栽培するとなると、そういう面でもご苦労があるんですね。

「もう雨は諦めて、水やりが出来る場所に植えることにしました!今朝蒔いたので、大体1週間後くらいに発芽かなぁ。」と飯塚さん。

「雨が降らない方が良い作物もあるんですけどね。。」高台にある畑を眺めながら説明してくださいました。
元栓にホースと潅水チューブ(穴が開いていて、そこから水が出ます)をつないで水やりをします。

オクラはほとんど作ったことがないとのことで、今回ほぼ初チャレンジ!!
飯塚さん、どうぞよろしくお願いします。

穴あきマルチを張って、3粒ずつ種を蒔きました

次回は発芽の様子をレポートする予定です。
お楽しみに!

タキイ種苗について

タキイ種苗株式会社は、京都府京都市下京区に本社を置く種苗会社。1835年創業。「桃太郎トマト」の種苗でその名を広く知られている。
現在世界約120カ国へ商品を販売し、国内業界リーディングカンパニーとして、国内はもとより世界中の人々の食生活・食文化の基盤を支えている。

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram