特集企画 Special Issue 特集企画 Special Issue
#07

イチジクで広がった新たな人生

千葉県松戸市
ファーム根本
根本一夫 さん

私は、松戸市幸田で100年以上続く農家の家で育ちましたが、農業を本格的に始めたのは約3年前。それまではヒルトンホテルで26年間シェフとして勤務していました。
就農するきっかけとなったのは50代半ば頃。定年後の自分を想像し「自分にはいったい何ができるのか?」と思い悩んでいた時、試しにイチジクの木を1本畑に植えてみたところ、思いのほかうまく出来たことがきっかけで他ではあまりやっていないイチジクをやろう!と決心しました。

趣味のツーリングがきっかけで知り合ったイチジクの師匠

イチジク栽培を本格的に始めようと考えていた頃にツーリングで香取市に行った時のこと。お店で偶然見つけたドライイチジクを食べたら、とてつもなく美味しかった!ピンときて、袋の生産者情報に書いてある番号にすぐ電話して自分の思いを伝えたところ、師匠であるその方は初心者の私にイチジク栽培のノウハウを熱心に教えてくださいました。そんな偶然の出会いから数年、今では師匠と旅行に行くほどの仲になりました(笑)

野菜畑からイチジク畑へ

代々続く農家の家庭で育ち、私で4代目。でも自分が若い頃は農業をやりたくなかったし、時代の流れで人からも「農業はダメだ、儲からない」など言われたこともあり、ホテルに就職する道を選びました。
それから約30年、父が現役時代はトマト・キュウリ・ネギなど野菜中心の畑でしたが、徐々にイチジクの面積を増やし、今では所有する畑の半分以上がイチジク畑になっています。

肥料にもこだわり品質にはプライドを

「悪いものをたくさん売ってもダメ。数は少なくても美味しいものをお客様に提供する」という師匠の教えもあり、その言葉を胸に日々、試行錯誤しながらイチジクを育てています。
ファーム根本では農薬や化学肥料はほぼ使わずマッシュルーム堆肥で栽培していて、ねっとりとした甘い食味が特長です!
私のポリシーは、朝採って出荷したその日1日のみ店頭に並べること。売れ残ったものは必ず持ち帰ります。仮に翌日もお店に並んでいたとしても品質には問題ありませんが、フレッシュで美味しいイチジクを提供するために、そこは守り続けています。
とはいえ、まだ食べられるものを廃棄するのはもったいないので、どうすべきか…と考えた時に加工品にすることを思いつき、ジャムやドライイチジクなどに加工して販売しています。そのための加工場も自宅の横に自ら建てました。

畑の横に直売所を開店☆クチコミで広がり大好評!

2018年夏、畑の横に直売所を開店。クチコミもあり大変好評で毎日沢山のお客様に来店いただきました。個人のお客様はもとより、洋菓子店やレストランからのオーダーもいただき取引先も年々、拡大傾向にあります。
今後はさらに販路を拡大していきます。そのためには、一般的にまだあまり知られていないイチジクを一人でも多くの方に知っていただけるよう、広報活動にも力を入れていきたいのです。
イチジクは抗酸化物質やポリフェノールが豊富で細胞の老化を防ぐ効果も期待できますよ!特に女性におススメでヨーグルトのトッピングやスイーツとの相性も抜群のイチジク。直売所へのご来店もお待ちしています(^^)

住所   
千葉県松戸市幸田西の下63
電話番号 
09061934688
営業期間 
05:30~09:00
備考   
出荷先:
ファーム根本直売所:8月~10月 5:30~12:00頃まで(なくなり次第終了)
イトーヨーカドー流山店、おおたかの森店 ヨークマート平和台店、柏の葉店 コープみらい新松戸店 丘の上のサフラン サフラン柏の葉店
written by 中村麻子

千葉県在住。前職はメーカーや人材会社でマーケティング、プロモーション部門の仕事に従事。
2011年からフリーランスに転向。webマーケティング、webディレクション、webライティングなどを手がける。
2017年、知人の農業を手伝ったことがきっかけで農業の魅力に取りつかれる。
自分の経験を活かして無限の可能性のある農業のお手伝いをしていきたい。

チョクバイ!トップページへ チョクバイ!トップページへ