特集企画 Special Issue 特集企画 Special Issue
#12

農業者として、主体的に改革する。〜お客様を笑顔に、そして農業を元気にしたい〜

株式会社畑直組|千葉県 松戸市・山武郡芝山町・山武市
齊藤正明 さん

千葉県松戸市の農家に生まれ育ち、農業は継ぎたくないと思いつつも、農学部を卒業しました。
その後「日本の農業を元気にしたい!」という漠然とした思いを抱き、種苗メーカーに就職しました。

営業職として、種をはじめ肥料や農業資材全般の販売に携わらせて頂き、各地の農業現場を広く見ることができました。

7年程種苗業界で働かせて頂いたのですが、先進的な農業経営で「元気な農業」を既に実践している方々と出会い、
「自分自身も農業をサポートする立場よりも、当事者として農業を元気にしていきたい!」
と考えるようになり、就農を決意しました。

ベリベジファームの誕生

そんな思いで、代々農業を営んでいた実家を継ぐ形で就農しました。
生まれ育った松戸での農業について、元々は何とも思っていませんでした。
しかし種苗メーカー勤務を経て、各地の農業現場を見てきたことで、
松戸は東京に隣接し周辺人口が多く、販売面ではとても恵まれた環境であることに気付きました。

そんな中で、代々続いてきた農家を
直売を主体にした「ベリベジファーム」として刷新しました。

「とびっきりの野菜を、より多くのお客様へ届けたい」
そんな思いで松戸市内で畑を借り受け、徐々に拡大してきました。
しかし、松戸のような市街地ではまとまった農地を見つけるのが難しく、
今年からは車で一時間程の山武郡にも農地を借り受け、松戸と合わせて5ha程の農地で生産しています。

お客様が喜ぶ品目を

「本来の水菜」・「広茎京菜」・「ゆめいろハクサイ・タイニーシュシュ」・「肉厚丸オクラ」など、
あまり市場に出回っておらず、尚且お客様に喜んで頂けるような品目を中心に10品目ほどの農作物を生産しています。

・本来の水菜(写真左)
一般に普及している温室育ちの軟弱な水菜とは異なり、
一株一株の間を広く取り、露地で寒さに当てながらじっくり育てた強健な水菜です。
加熱しても漬けても、水菜本来のシャッキシャキな歯ごたえで、存在感抜群です!

左側:「本来の水菜」・右側:「広茎京菜」

お客様のために、生産性を重視!

お客様の立場で考えれば、品質が良いものを提供することは勿論ですが、お求めやすい価格で提供することが重要だと考えております。
お客様に喜んで頂ける価格で、尚且つ必要な利益を確保すべく、生産性の向上を意識して栽培しています。
例えば、耐病性の高い品種を利用することで薬剤散布の費用や労働を削減したり、荷造り作業に時間がかからないよう商品の規格を工夫したりしています。

感じていた農業の課題

農家で育ったことや種苗メーカー時代の経験を通じ、農業が経営的に安定するかどうかは販売面の取り組みが重要だと感じていました。

従来の市場出荷では価格が自分で決められない上に、相場の変動により不安定です。また、お客様に届くまで時間がかかるため、とれたての美味しさを味わってもらうことも難しい。さらに、お客様の笑顔や喜びの声が農家に届かない。

「これらの課題を、農業者として主体的に解決したい」と考え、
農業者グループ「畑直組」を立ち上げました!

お客様を笑顔に、そして農業を元気にする仕組み。「畑直組」

畑直組では、
従来から農協などが運営する直売所の良い部分である、
「農業者自身が価格を決められる」
「市場出荷よりも、小売価格に対する農業者の手取り単価が高い」
「新鮮なうちにお客様に届けられる」
「お客様の笑顔や喜びの声が農家に届く」
といった利点はそのままに、

これまでの直売所で言われてきた
「他の農業者と競合し、大量に売れない」
「配送、納品に時間がかかる」
といった課題を解決し、

お客様にとっても、農家にとっても、双方が笑顔になる販売の仕組みづくりに取り組んでいます。
具体的な仕組みは独自のノウハウなのでお伝えできませんが(笑)

畑からダイレクト、まさに「ハタチョク」で売場まで!

「農薬=悪いもの、という誤ったイメージ」は、払拭したい。

ベリベジファームでは農薬を適正に使用し、農作物を生産しております。

農薬を使わないと農作物によっては殆ど収穫できなくなるものも多々あります。
例えば、農薬の使用を全面禁止にしたら野菜がどれだけ不足し、どれだけ高騰することでしょうか?

日本中で皆さんに充分な農産物が供給でき、健康を支えているということに農薬は物凄く大きな貢献をしています。農薬メーカーの方々に感謝すべきだと考えております。

適正に農薬が使用された農産物で、実際の健康被害は過去何年も出ていないはずです。健康被害がないよう、厳正な基準で農薬としての登録審査が行われています。
また使用の面でも希釈倍率、使用回数、使用から収穫までの日数などが厳密に定められており、
それを守らなければ販売できません。

過去にあった農薬混入事件や一部の無農薬=安全という誤った報道で、農薬を使用したものは危険だと考えている方がいることが残念であり、そのイメージを払拭したいと考えております。

むしろ農薬を適正に使用した農産物のほうが、大腸菌などが少なく、食中毒のリスクが低いという事例もあるようですよ。
これからもみなさんに「とびっきり安心・新鮮・美味しい・ヘルシー!」な野菜を提供し続けられるよう頑張ります!

スタッフの紹介

飯田さん

大学の掲示板にベリベジファームの求人が出ていたことがきっかけで、アルバイトとして仲間に加わり、新卒で入社しました。
実際に始めてみると農作物を作ることがとても楽しく、とてもやりがいのある仕事でした。
実家に持って帰った際に、おばあちゃんが泣いて喜んでくれたことを聞き、野菜の力の素晴らしさを感じました。
農業に魅力を感じていましたが、新規就農ではお金がかかりすぎます。
そんな中、社長の齊藤から一緒に野菜をつくらないかと誘いを受け、それから今日まで畑で楽しい毎日を送っています。
このやりがいのある仕事を続けていくためにも、社長と一緒に創意工夫していきながら事業を行っていきたいです。

吉川姉妹

様々な職業を経て、最終的に農業をやりたいと思い、
この農園でお世話になることを決めました。
結果として、本当にストレスがなく楽しく働いています。
また、ほとんどの農作物の定植や収穫をやらせてもらっていて
品目が多い分大変ですが、同時に面白さにも直結しています。

住所   
千葉県 松戸市&山武郡芝山町&山武市
電話番号 
09038165558
備考   
メールアドレス:very.veggie0107@gmail.com
written by 中道 貴也

株式会社AGRI SMILE 代表取締役

学生時代は地元兵庫県丹波市に農業で貢献したいという思いから、植物成長調整剤の研究に取り組みました。
その結果、対象資材は「第25回地球環境大賞」にて「農林水産大臣賞」を受賞することができました。
その後、農業を通して各地域をより魅力的な場所したいという想いから、2018年8月、株式会社AGRI SMILEを設立。
幼少期からの経験によって、農家さんの生産プロセスに尊敬の念を抱いています。

オコメEXPRESS
https://agri-smile.com/service/okome-express/about/

AGRI SMILE
https://agri-smile.com/

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram