特集企画 Special Issue 特集企画 Special Issue
#生産レポ2

タキイのタネで「PC筑陽」を栽培
~生産者栽培レポート vol.2~

PC筑陽|タキイ種苗|生産者栽培レポート
 

千葉県の2軒の農家さんがタキイ種苗の種でナス「PC筑陽」を栽培!
種まきから定植、収穫して直売所で販売するまでを4回にわたってシリーズでお届けしている生産者栽培レポートの2回目。

今回は「PC筑陽」の苗が発芽してから苗の生長の様子や、畑に定植する様子などをお届けします。
5月の燦燦とした太陽を浴びながら、発芽した「PC筑陽」の苗はどのように生長したでしょうか。葉の色にも特長があるようですよ。
レポート第2弾をぜひ、ご覧ください!

今回の栽培に使った種の品種

●ナス「PC筑陽」

単為結果性で着果促進処理が不要!「筑陽」タイプのトゲなし長ナスです。
果皮はやわらかく、炒め物や煮物、焼きナス、漬物など、幅広い用途に適しています。
石ナスや曲がり果の発生が少なく、果ぞろいにすぐれ、秀品率が高い。果色は濃黒紫色で、つやがよく、色ボケ果の発生が少ないのが特長です。

「PC筑陽」栽培レポ vol.2

●おばたファーム <苗の定植>

5/10、松戸市は快晴でした!
気持ち良い五月晴れのこの日、おばたファームの「PC筑陽」の苗は畑に定植された直後でした。
「苗がだいぶ育ったので、ちょうど数日前に畑に定植したところでした。どの苗も問題なく順調に育っていますよ♪」と小幡さん。

「苗の定植と同時に支柱がわりにUピンを刺しました。これからぐんぐん葉が伸びていくと思いますよ!」

「畑にマルチを張って、土の温度が下がらないように保っています。朝晩と日中の寒暖差のあるこの時期は日が暮れると土の温度が下がってしまうので、マルチはそれを防ぐ効果があるんですよ。それと、江戸川の強風を防ぐためにビニールのトンネルを張りました。」と小幡さん。

おばたファームは江戸川沿いにあり、「PC筑陽」が植えてある畑のすぐ横は江戸川の堤防が。
「風の強い日は川からの強風をもろに受けるため、ビニールのトンネルが苗を守ってくれます」おばたファームならではの工夫が施されているのですね。

江戸川からの心地よい風を浴びつつ青空が広がる畑で作業をする小幡さん

そして2週間後の5/24「PC筑陽」はこんなに大きく生長していました!2週間でこんなに大きくなるのですね。
「この2週間は気温が高い日も多かったのでぐんぐん生長しましたね。どの苗もとても順調に育っていますよ!」

おばたファームの「PC筑陽」の葉(5/24撮影) ナスの葉は生長していくと葉の筋が紫色になります

「これから暑くなってくるので1日2回の水やり、大変だなぁ…」小幡さんがボソリ。
これから夏に向けてナスも人間も暑さとの戦いですね。暑さに負けずに、どうかスクスク育ちますように!

スマホの計測アプリで葉の長さを計る小幡さん。約25cmにまで生長しました! 「メジャーは使いません(笑) 便利な時代になりましたね」

●飯塚農園 <大ポットへ苗の移植>

4/16に種を蒔いてから約5週間後、「5/22に大ポットに植え変えました!」と飯塚さんから写真が届きました♪
芽が出たばかりの双葉はピーマンもトマトもナスも見分けがつきませんでしたが、まだまだ4~5cmながら、ちゃんと茎や葉脈が紫色なのがナスらしいですね。

これから 1ヵ月ほどは、まだまだじっくりとハウスの中で育てます(5/22撮影)

花が咲きだしたら地植えするのが成り物を育てるコツとのことでした♪
飯塚方式、家庭菜園をされる方もご参考にされては如何でしょうか。

5/30には茎もしっかりして、本葉も増え、1週間で倍くらいに生長していました!

ハウスの中はかなり暑くなってきましたが、さすが夏の野菜「PC筑陽」は元気に育っています!
「植えたのがちょっと遅かったからなぁ…」飯塚さんは早くも台風の心配をしていました。

「PC筑陽」の様子をチェックする飯塚さん

次回のレポートもお楽しみに!

◆バックナンバー
「PC筑陽」栽培レポートvol.1

栽培に協力してくれた農家さん

●おばたファーム/小幡祐亮さん

千葉県松戸市。おばたファームの農園で育てた年間50種類以上の新鮮野菜を栽培し、直売所を運営。夏場はブルーベリーの収穫体験も実施しています。

●飯塚農園/飯塚良佑さん

千葉県柏市。美味しさを軸に、厳選した品種を育てています。トマトやエダマメをはじめとした季節の野菜を栽培・直売しています。贈答用トマトも大好評!

タキイ種苗について

タキイ種苗株式会社は、京都府京都市下京区に本社を置く種苗会社。1835年創業。「桃太郎トマト」の種苗でその名を広く知られている。
現在世界約120カ国へ商品を販売し、国内業界リーディングカンパニーとして、国内はもとより世界中の人々の食生活・食文化の基盤を支えている。

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram