特集企画 Special Issue 特集企画 Special Issue

驚きのネバり!新品種オクラを徹底検証
タキイ種苗 ヘルシエ × 野菜の研究室レポート

タキイ種苗|ヘルシエ|日本野菜ソムリエ協会
 

2019年8月6日に日本野菜ソムリエ協会が主催する「野菜の研究室 One Vege Project」のイベントを実施しました。

今回は、タキイ種苗の新品種オクラ「ヘルシエ」を徹底研究!「ヘルシエ」は普通のオクラと何が違うの?どんな調理法が合うの?など約15名の参加者のみなさんと一緒に実験と検証を行いました。
そのイベントレポートをお届けいたします!

野菜の研究室 One Vege Projectとは

「野菜の研究室 One Vege Project」では、野菜の選び方、保存方法、調理法による素材の美味しさの実験・検証を行います。
様々な角度から実験→検証を交えつつ、その素材に最適の調理法を追求し、ひとつの野菜・果物ととことん向き合って、My Best Cookeryを見つけるイベントです。

ヘルシエ × 野菜の研究室 One Vege Project レポート

講師紹介

玉之内祐子

野菜ソムリエプロ、腸活プランナー、メンタルフードマイスター、スパイスアドバイザー
食で育む心と体の健康を講座、コラム、レシピなどで発信。
「野菜・果物を楽しむことからココロもカラダもキレイに!」という考えから、野菜教室やアンチエイジング講座などで野菜・果物の食べ方、選び方などを提案。メディアでの野菜コラムやレシピ掲載など多数。

栄養・選び方・保存方法

【栄養】
β‐カロテン、カリウム、カルシウム、食物繊維(水溶性食物繊維1.4g 不溶性食物繊維3.6g/100g)などを豊富に含みます。

【選び方】
さやは瑞々しく産毛が密生しているもの、ヘタの切り口や先端が変色していないもの、大きすぎないものを選びましょう。

【保存方法】
乾燥と低温に弱いため、新聞紙に包みポリ袋に入れて野菜室へ。または、サッと茹でて冷蔵または冷凍するのもおすすめです。

加熱方法による美味しさの検証

まずはいくつかのシンプルな加熱による味わいや香り、食感などを比べてみます。
茹で1分30秒・茹で3分・蒸し焼き・レンジ の4種で検証しました。
→一番人気は「茹で3分」でした。

「通常のオクラならば3分も茹でるとやわらかくなりすぎるが、ヘルシエは3分茹でたものが最も甘みを強く感じる!」と、みなさま驚かれたご様子。
「やわらかく、歯ごたえが良い。」「香りが良い。」「色がきれい。」といった意見もあり、大変好評でした。
また、かための食感が好きな方には「茹で1分30秒」が人気。どちらにしてもヘルシエを美味しく食べるには、いつもよりも少しだけ長めに茹でることがコツかもしれません。

下処理方法による美味しさの検証

次に、少量の塩をまぶしてまな板でこする「板ずり」の処理を行って食味の変化を比べます。
※オクラは検証1で人気を分けた「茹で1分30秒」と「茹で3分」の間をとって2分加熱。

板ずりあり(生)・板ずりあり(加熱)・板ずりなし(加熱)の3種で検証。
→断トツで「板ずりあり(加熱)」が人気でした。

「口当たりが良く、板ずりするかしないかで歴然とした差が出る。」とひと手間かける良さを感じていただけました。また、「ヘルシエは生で食べても美味しい!」と感動される方が続出。シャキシャキ感とフルーティーさがキーポイントのようです。 

ヘルシエの粘りを検証

強い粘りが特徴のヘルシエですが、実際にどれくらいの粘りがあるのかを調べてみました。ヘルシエと一般的なオクラをサッと茹でて刻み、少量の水を加えて混ぜ、粘りを比較。
→刻んでいる段階からその粘りの違いが見てとれ、混ぜてスプーンですくいあげると段違い!圧倒的なヘルシエの粘りの強さに歓声が上がりました。 

合わせる食材による美味しさの検証

【オクラの水溶性食物繊維 × 発酵食品 = シンバイオティクス(腸活レシピ)】

水溶性食物繊維を含む食材(育菌食材)と発酵食品(補菌食材)を組み合わせる食べ方をシンバイオティクスと言い、腸の健康に良い食べ合わせと言われています。
水溶性食物繊維を多く含む『ヘルシエ』は腸活にぴったりの食材!そのヘルシエに様々な発酵食品を掛け合わせてお好みを探っていただきました。
※オクラはサッと茹でて刻み、少量の水を加えて混ぜる。そこに各発酵食材を混ぜて試食。

『オクラ×納豆』『オクラ×キムチ』『オクラ×醤油麹』『オクラ×ヨーグルト』の4種で検証
→オクラ×醤油麹 が人気。

「食べなれた醤油のうま味に麹の甘みが加わり、粘りのあるオクラに絡んで美味しい。」という意見が多く出ました。
また、意外性もあってオクラ×ヨーグルトも女性に人気。ヨーグルトはニンニクと塩を加えているのでドレッシングやソースのようなお味に。「このままサラダにもディップソースにも良さそう。」と好評でした!

講師おすすめレシピ

【ねばねばオクラのサラダフォー】

●材料(2人分)
オクラ 6本
ミニトマト 4個
鶏ささみ 1切れ
フォー 70g
レモンスライス 1枚
お好み発酵食材 適量
ナンプラー(しょうゆでも可) 小さじ2
酒 小さじ1
塩 適量

●作り方
1. フォーは水につけておく。(1時間程度)
2. オクラは3分加熱し、細かく刻んでナンプラーと醤油麹を混ぜる。
3. ミニトマトは1/2に切り、ささみは酒をふってレンジで加熱し、ほぐしておく。
4. フォーを1分ほど茹でてザルにあげ、流水でしめて水気をしっかり切る。
5. フォーの上にすべての食材を彩りよくのせる。(お好みでパクチーを添えて)

イベントに参加した方の「ヘルシエ」への感想

イベントの最後に「ヘルシエ」への感想をお聞きすると、みなさまが感動を熱く語ってくださいました!素敵なコメントをたくさんいただいたので一部ご紹介します。

・粘りがすごい
・噛めば噛むほど粘りが出る
・食べて栄養(水溶性食物繊維の粘り)をこんなにも感じられる野菜は他にない
・色がキレイ
・青くさみがない
・やわらかい味でおいしい
・歯ごたえがしっかりしている
・お腹がいっぱいになるのでダイエットに向いている
・あえて粘りを出さずにバーニャカウダや浅漬けなどにしてみたい
・ぜひ購入したい
・これから店頭での販売が増えるとのことなので楽しみ

日本野菜ソムリエ協会について

日本野菜ソムリエ協会は、さまざまな取り組みを通じて「食を日常的に楽しめる社会」「農業を次世代に継承できる社会」を創造しています。

「野菜ソムリエ」は一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格。野菜・果物の目利き、栄養、素材に合わせた調理法など毎日の食生活に欠かせない野菜・果物の幅広い知識を身につけることで、家族の健康や食に関わるさまざまな仕事にも活かすことができます。

タキイ種苗について

タキイ種苗株式会社は、京都府京都市下京区に本社を置く種苗会社。1835年創業。「桃太郎トマト」の種苗でその名を広く知られています。
現在世界約120カ国へ商品を販売し、国内業界リーディングカンパニーとして、国内はもとより世界中の人々の食生活・食文化の基盤を支えています。

公式SNSにて最新情報をチェックできます!

facebook Twitter instagram