チョクバイ!

ログイン

応援コメント

  • 野菜ソムリエ
    2019/05/13

    野菜ソムリエのテキストに載っていて、勉強して覚えました、四葉(すうよう)きゅうり。 実は販売しているのを見つけたのは初めて!流石は九州屋さん、拘った仕入れです。 四葉きゅうりは中国華北系の品種で、一般的なキュウリと比べ太さと長さが約1.5倍。表面にしわが寄り一見細いゴーヤーの様にも見えますが、触ると痛いほどイボがとげのように出ています。このイボで皮に傷が付きやすく、日もちも良くない為、市場からはすっかり姿を潜めてしまっています。 名前の由来は、本葉が四枚付いた頃から実がなり始めることから付けられたようです。 皮が柔らかく、香りも味も濃厚で歯切れが良いのが特徴で、特に漬物にすると皮が薄い分漬かりがよく、心地良い歯切れが活きた漬物に仕上がるとのこと。 中国料理では炒め物などにも使われていますが、やっぱり味噌をつけてかぶり!と行きたいところですね!

  • 野菜ソムリエ
    2019/04/19

    百貨店の地下、食料品売り場というと店員さんが賑やかな声で宣伝し、商品棚がたくさんあると相場は決まっている。 そう思っていたが覆された。 こちらのお店、とてもゆったりした気持ちでお買い物ができます。 もちろん九州屋さんらしく幅広い品揃え。自社農園のみずみずしいトマトもありました。でもグレーとベージュベースのシックな内装に、店員さんの落ち着いたトーンの声。おかげでお洒落なBGMもしっかり聴こえる。 棚と棚の間の通路も広めにとられているんじゃないかな? 忙しい時でも心を急かされることなく野菜にじっくり向き合える。 ところで「カットサービス」という看板が。その意味がいまいちわからずしっかり見てみたら「スライス、角切りなど…お気軽にお申し付けください」と書かれている! まるで魚屋なホスピタリティ。このサービスほかで聞いたことありませんでした。 いいものを届ける。それだけでなく、いい買い物をしてもらう、そしていい料理をしてもらう。そんな素敵な思いやりに満ちたスポットです。

  • 野菜ソムリエ
    2019/03/22

    東武池袋店プラザ館地下2Fにある「九州屋」さん。 明るく広々とした店内に、「いらっしゃいませ!」店員さんの元気な声が響き渡ります。 きらぴ香、ゆめのか、佐賀ほのか、スカイベリー、博多あまおう、紅ほっぺ、 真っ赤で、キラキラ輝くいちご達。 はるか、せとか、美生柑(河内晩柑)黄色やオレンジの柑橘類も目をひきます。 野菜では、この季節、やはり空豆、菜の花、アスパラガスなどが、イチオシ野菜のよう。 そんな中、空豆の横に「葉ゴボウ」なるポップを発見。 普通のスーパーでは見かけない野菜なので、店員さんに伺ってみたところ、 「葉ゴボウは、その名前の通り、ゴボウの葉をメインに食べるものです。ごぼうももちろん食べられますが、ごぼうの香りは穏やかです。炒めたり、お浸し、煮物もおすすめです。」ということでした。 「九州屋」さんは、野菜、果物が新鮮という魅力の他に、要望に応じて野菜をカットするサービスがあるそうです。 また、旬のフルーツを華やかに演出した「カットフルーツ」をお願い出来る店舗もあり、 東武池袋店の「九州屋」さんも、その店舗の一つのようです。

  • 野菜ソムリエ
    2019/03/08

    広々とした店内には、様々な野菜果物が並んでいます。普段使いからギフト用まで、幅広くご対応いただける九州屋さん。 店頭では、果物をお薦めする店員さんの威勢の良い声!美味しそうな野菜果物がさらに美味しそうに感じます! 今回は、量り売りされていた新鮮な菜花をいただくことにしました。

  • 2019/03/08

    広々とした店内には、様々な野菜果物が並んでいます。普段使いからギフト用まで、幅広くご対応いただける九州屋さん。 店頭では、果物をお薦めする店員さんの威勢の良い声!美味しそうな野菜果物がさらに美味しそうに感じます! 今回は、量り売りされていた新鮮な菜花をいただくことにしました。