チョクバイ!

ログイン

応援コメント

  • 野菜ソムリエ
    2019/04/25

    天領杯酒造の蔵元さんに、酒蔵を案内していただきました。 自力で酒蔵を買収し、若干24歳にして全国最年少蔵元になった加登さん(25歳)です。 もともと日本酒の職業とは無縁だったそうです。 海外に留学し、日本文化に興味をもったことから大学卒業後、証券会社をへて、蔵元へと転身。 見学でお話を頂きましたところ、大変熱い思いを持っていらっしゃいました。 若者たちが美味しいと思えるお酒造りをしたいと今までの概念をすて、新しい日本酒造りに励んでいます。 日本酒をのむときに「これは大吟醸だからとか本醸造酒だなど、ラベルを見て わかってから飲むのではなく、ただただ「美味しい」と言われるものを作りたい。 その他、良いところは残しつつ、疑問のあるところは変えていくという強い信念をもっていました。 酒米や工程の話、機械などすべて丁寧にご説明いただき、機械に頼るところ、手作業のところ、工夫して蔵人さんと酒造りに取り組まれています。 試飲させていただいた日本酒は、どれもすっきりと、おいしく、新作の日本酒も試飲しました。 新作は5月から開始されるとのこと! 楽しみですね。

    平林 直子
    野菜ソムリエ

    平林 直子